映画日記

日本で一番お洒落な刑事ドラマではないかと思うんです

刑事ドラマに出てくる刑事というと、大抵はカチッとしたスーツを着こなしたり、パトカーで犯人を追跡したりするのが常ですが、この「警部補・古畑任三郎」は違いました。おそらく、今までの刑事ドラマの中でも、一番お洒落な刑事ではないでしょうか。

「警部補・古畑任三郎」はFODという動画サイトで視聴できます。

まるで海外ドラマ

「警部補・古畑任三郎」が他の刑事ドラマと違うのは、そのストーリーの運び方です。殺人事件などが起きて、刑事が犯人を捕まえるというのは、よくある話しです。しかし、この

作品では最初にもう誰が犯人か分かってしまっているんです。本来なら、ここで視聴者は離れてしまいそうですが

そうならないのは、いかに古畑任三郎が犯人を追い込んでいくかを、見ている側は犯人の気持ちにもなる事が出来るんですよね。この手法は今までになかった手法でした。まるで海外ドラマのような感じでした。

脚本の細やかさ

作品が面白いと感じるのは、脚本や演出の絶妙さにあります。三谷幸喜さんの脚本は本当に面白いです。古畑の、あの飄々としたキャラクターと、適度にちりばめられたユーモア。そして、犯人を追い詰める時の古畑の完璧な推理は、緻密に計算されてのものだと思います。

また、古畑の好物である、酢豚弁当という弁当が度々出てくるのですが、こうしたクスッと笑える小ネタがあるのも魅力ですよね。

多彩な犯人

他のドラマだったら、絶対に悪役になんかならないであろう人が犯人役で出るのも、このドラマの面白さです。

第一話の中森明菜さんを始め、明石家さんまさんや市村正親さん、笑福亭鶴瓶さんなどが犯人として出るのは、かなり驚きました。何より驚いたのは、まさかのSMAPが本人役で、しかも犯人役で出たという事でした。一人一人の個性があれほどまでに見事にドラマに生かされるとは、思ってもいませんでした。

お洒落な刑事ドラマ

「警部補・古畑任三郎」とはどんなドラマかと言われたら、もうこの一言につきます。全身黒ずくめのスタイルや、視聴者に語りかけるシーンがあったり、犯人には手錠はかけない。などの今までの刑事とは違うというのが、最大の魅力だと思います。